簡単にできるむくみ対策

顔がパンパンで太って見える、本当のわたしはこんなじゃないのに、、、
太ももがパンパンで、デニムがキツキツ、、、

こんな経験ありませんか?嫌ですね、むくみ。
全身に現れますが、特に顔や、太もも、ふくらはぎ、すねなどは頻発です。
本来の自分の美しさの邪魔をする憎っくきむくみ、簡単にできるむくみ対策をご紹介します。

まず、むくみはどうして起こるのでしょう。
むくみを引き起こしているのは水分です。細胞と細胞の間の水分が増加すると、そのぶん体積が増加して、「なんかむくんでいるな…」と認識されるようになります。
本来は血液が絶えずその水分を回収して、循環し、代謝をしてくれるのですが、その活動が何らかの理由で滞ると、たちまち水分が溜まり、むくみとなるのです。
ですのでむくみ対策には、血行を良くする事が非常に効果的と言えます。

それでは、どのように血行を良くしましょう。オススメの方法をお教えします。
まずは何と言ってもマッサージ。即効性はバツグンです。むくみが気になる部分を、ゆっくりと気持ち良い強さで揉みほぐしましょう。お風呂でやると、効果的です。特に顔などは、あまり強くやり、肌を傷つけないように注意してください。
マッサージほど即効性はありませんが、長い目で見たときに、筋肉をつけることも非常に重要です。筋肉が増えると代謝があがり、血行を促進してくれます。
特にふくらはぎは、血液を心臓に送り返すポンプの役割を果たしているので、その筋肉を鍛えることは非常に重要です。例えば、つま先立ちを繰り返す運動は、ふくらはぎの筋トレに効果的です。
また、顔の筋肉も鍛えることは十分可能です。大きく口を動かし目を開き、「あいうえお」と繰り返してみましょう。表情筋に刺激を与え、顔の血行を促進してくれます。

気づいたときに、ちょっとだけ。ちょっとした心掛けで、むくみは減らせるのです。